PS4NINTENDO SWITCH

RootFilm

PS4NINTENDO SWITCH

MENU

システム

  • 第1回

  • 第2回

  • 第3回

ベニー松山氏

『ルートフィルム』、紛うことなく傑作である。
 こうしたレコメンドのレビューは話半分、誉めてくれと頼まれて書いていると疑うかも知れない。 私も大概、眉が唾液でべたべたになるくらいに疑り深い。
 だがしかし! その猜疑心に凝り固まった男が適当に遊び始めて、 気がつけばエンディングを涙ぐみながら眺めていたのだ。
 ミステリーものはどうしても後半のほうが盛り上がる。そうでなければいけない。 だから本作の序盤をひと区切り遊んで、もしかするとそのまま積んでしまう人もいるかも知れない。 でもそれはあまりに勿体ない。
張り巡らされた伏線、鳥肌ものの構成の妙、 そしてどんどん好きになってしまう魅力的な登場人物たち……絶対に完走すべきだ。 この傑作ミステリーを楽しみ尽くさないのは人生にとって損だと請け合ってもいい。
 そして私はすでに、まだ行ったことのない島根を訪れたくなっている。 自分にそういうところがあったのかと、本作の効能に驚いているところなのだ。

ベニー松山

ローリング内沢氏

 各所に散りばめられた伏線が一気に回収されると思いきや、そこから2転3転のどんでん返し。 ミスリードを誘う登場人物にまんまと騙され、思わぬ方向に事態が転がっていく緊張感。 心霊、UFO、人体発火、密室殺人、映像トリックなど、さまざまな怪事が盛り込まれた、 まさに"ミステリーの幕の内弁当"ともいえるプレイ感覚。

 アドベンチャーゲームの文法としては比較的オーソドックスなシステムだけど、 キャラクターの立ち位置やカット割り、またパンやズーム、顔検出機能風の選択肢(コマンド選択)など、 フィルム(映像)を題材にした作品だけあり、"画"としてリアリティーのある演出が没入感を高めてくれる。

 島根県の実在スポットが多数登場する舞台も魅力の1つ。 プレイヤーが各地を訪れてストーリーを進めていくゲームシステムとの相性も良く、ちょっとした旅行気分が味わえる。 まるで、ミステリー・サスペンスドラマを視聴するかのように楽しめる手軽さと間口の広さが◎。

ローリング内沢

イラスト/荒井清和

しまねっこ

みんにゃ! しまねっこにゃ
島根を舞台にしたアドベンチャーゲームの最新作
「ルートフィルム」が7月30日に発売ににゃるけど、
ひと足先にルートフィルムを遊んでみたにゃ

島根生まれで島根育ちのしまねっこも
いっぱい登場しているから楽しみにしててにゃ
ルートフィルムは、前作のルートレターと違って、舞台は、
石見地方や隠岐の島にゃど、島根全域ににゃっているから、
島根の魅力的な街並みや神社や史跡がたくさん楽しめるにゃ

ルートフィルムは、幸せいっぱいのしまねっこが
おすすめの島根ゲーム
みんな ぜひ遊んでみてにゃ

しまねっこ